JPLAY

PCでハイエンド・オーディオを楽しむ欧州製ソフトウェア

PCでハイエンド・オーディオを楽しむ欧州製ソフトウェア

JPLAY 6は、Windows PCで音楽を楽しむ全ての方へお勧めできるソフトウェアです。以下の2通りの使い方ができます。

(1) OpenHome Media対応Renderer(Room): JPLAYStreamer(新機能)

UPnP AV standardsに基づきLinn社が提唱するOpenHome Media準拠のRendererとして機能します。

WAVへのトランスコードに対応しているUPnPサーバーより音楽データのストリーミングを受け、OpenHome Media対応のコントロール・ポイントで操作します。

設定完了後はPCの存在を意識すること無く、ストリーミング対応のネットワーク・プレーヤーとして、スマートフォンやタブレット上のアプリケーションで快適に操作できます。

(2) ASIOドライバー: 旧版からの機能を、音質をさらにブラッシュ・アップして継続

Windows上で動作するビット・パーフェクト出力ASIO対応ミュージック・プレーヤー(foobar2000など)のASIOドライバーとして機能します。ミュージック・プレーヤーは、オーディオ・デバイスの代りにJPLAYへ出力します。JPLAYはこの入力信号をタイミング・パーフェクトな形でオーディオ・デバイスへ渡します。つまり、JPLAYはミュージック・プレーヤーとオーディオ・デバイスとの間に位置する「整音フィルター」的に機能します。

データ加工は一切行いません。JPLAYに渡されたデータとビット単位で完全一致するものを出力します。

出力オーディオ・デバイスはASIO対応である必要はありません。設定完了後はJPLAYの存在を意識すること無く、今までどおりミュージック・プレーヤーを操作します。

世界中のオーディオ・ファンから既に高い評価を得ています。

音質面では右に出るものが存在しません。

(1) PCを高音質ネットワーク・プレーヤーに変身させる

高級ネットワーク・プレーヤー専用機と同等の操作性により、お手持ちのPCを簡単にネットワーク・プレーヤーに変身させます。

(2) 高音質がうたい文句のASIO対応ミュージック・プレーヤーと併用

ASIOドライバーとしてJPLAYを選択するだけで、飛躍的な音質向上が体験できます。

(3) JPLAYは陳腐化しません

JPLAY 6を購入いただくと将来のアップグレードは全て無償で提供され、陳腐化することはありません。このような方針を持つソフトウェア開発会社は極めて少ないでしょう。JPLAY開発チームが自分たちの製品に絶対の自信を持っていて、全ての正規ユーザーに最高の音を届けるという使命感から、このような方針を掲げています。